So-net無料ブログ作成
検索選択

■情報商材「うつからの世界最速回復マニュアル」(菊地メソッド)
http://www.aozoraclinic.com/rfd/

johotop.jpg


■自律神経のバランスを整える方法に驚きました
うつと副交感神経の緊張との関係も、自律神経の乱れと不眠の関係も、自律神経と感情の関係も、聞いたことのない話ばかりでした。そして、私が服用中の向精神薬が自律神経を乱れさせると言うことも、衝撃的でした。
でも、一番の驚きは自律神経のバランスを改善する方法でした。あまりにも簡単で、こんなことで治るのなら、嬉しいと思いました。
ちょっと聞いただけでは、自律神経と関係のないことのように思えて、とても不思議でした。

【管理者リンク】 自律神経 薬/向精神薬が自律神経を乱れさせる

高齢者の脳トレ その2/脳トレ神話にもうだまされるな! [日々思う]

脳の前頭葉は人間らしい感情を司る部分だといいます
特に前頭連合野の機能は近年注目を浴びています
そして右と左で機能が違っていることも
最近解って来ました

右の前頭前野と左の前頭前野の話です

東北大学加齢医学研究所(加齢研)の川嶋教授が
囲碁を打っている人の脳の血流について
2年くらい前に研究成果を公開していました

プロとアマチュアでも脳の活性部位は異なりましたが
アマチュアでも初心者と上級者では
脳の活性化する部位は違うとのことでした

具体的に公表された主なデータは初心者のものでした
そして、初心者の場合は両方の前頭前野が刺激されました

おっと、今回は高齢者の話がまったく出てこないまま
その3に続きます


P.S.
新しいことへのチャレンジで前頭葉は活性化するようです
どんどん新しいことに挑む、好奇心旺盛な人は幸せです
さて、私もブログやラジオ以外のなにか新しいことにも
チャレンジする時が来たかな?

高齢者の脳トレは人権侵害の恐れあり

【この記事の内容に関連することを「井戸からでたカエル」にも書いています】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━
点字訳されて、ひろく読まれています

idokae.jpg

井戸からでたカエル 医者が気づいた幸せへのヒント

  • 作者: 菊地 一也
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2010/05/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


帯より~
私は、傷ついた人の伴奏者になりたい―
「健康になることと幸せになることは同じこと」というポリシーに基づいた治療を実践し
スピリチュアリティを重視した独自の教育活動を展開する医師が贈る
“気づき”への誘い
喝采!(6385)  Hello!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

Hello! 6

コメント 2

まさみん

新しいことにチャレンジ。いいですね。私も何かみつけてやってみようかと思います。まっさらな状態から何か始めるのもいいかもしれませんね。
by まさみん (2009-04-28 09:27) 

菊地一也

まさみんさま
ありがとうございます!
新しいことを始めるって
なんだかワクワクしますよね^^

by 菊地一也 (2009-04-28 09:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
【あおぞらクリニックのHP】
最新のうつ病治療なら旭川あおぞらクリニック
訪問診療のあおぞらクリニック


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。