So-net無料ブログ作成
検索選択

■情報商材「うつからの世界最速回復マニュアル」(菊地メソッド)
http://www.aozoraclinic.com/rfd/

johotop.jpg


■自律神経のバランスを整える方法に驚きました
うつと副交感神経の緊張との関係も、自律神経の乱れと不眠の関係も、自律神経と感情の関係も、聞いたことのない話ばかりでした。そして、私が服用中の向精神薬が自律神経を乱れさせると言うことも、衝撃的でした。
でも、一番の驚きは自律神経のバランスを改善する方法でした。あまりにも簡単で、こんなことで治るのなら、嬉しいと思いました。
ちょっと聞いただけでは、自律神経と関係のないことのように思えて、とても不思議でした。

【管理者リンク】 自律神経 薬/向精神薬が自律神経を乱れさせる

あなたが既成概念に捉われているかどうかがわかるゾ

ラジオでスカイマークについて、「荷物の収納も手伝わない。ある老女が荷物を収納できずに困っていても添乗員さんは手を貸さない。結局、周りの人が手伝って入れてあげたんですって」と、伝えていました。


先日も書きましたが、スカイマークについては賛否両論。それでいいと思います。

今回はラジオから得た情報ですが、これについて私は次のように考えます。

1)スカイマークについて
批判されることがたびたびあるけれど、自社のスタンスを明確にしていて素晴らしいと感じる。

2)老女について
スカイマークがどのような会社なのか知らなかったのでしょう。気の毒に思う。

3)周囲に居合わせた人びと
立派。あるいは当然か?

私もその場に居合わせたら、手伝う。

もっとつっこんで意見してみる。

もしも、老女自身と手伝った人だけではなくこの出来事を目撃した人びと、あるいはこの逸話を伝え聞いた人びとが、スカイマークを恨んだりするのはあることに気づいていない証拠だ。そう思う。

スカイマークはそのような会社なのだと理解するしかない。それを、手伝うのがあたりまえだとか、お年寄りになんてことするんだ。ひどい会社だと思うのならば、それは既成概念に捉われているのだ。

例によって、自分という監獄に囚われ、自分の外の世界を眺めようとしない。そういうことだ。

私は、スカイマークを批判せずに老女であろうとなんであろうと、助けるだろう。スカイマークのスタンスは立派だ。そして、自らもベストであろうと考える。だけれどそれは助けたいから助けるんだし、ほめてほしいのでも批判されるのがこわいのでもない。

自分にとって、助けるのが一番気分がいいからだ。

次に、老女についてだが、この老女が周囲の手助けを期待して再びスカイマークに搭乗するのは、まあアリかもしれないが、私がその老女ならばしない。

さらに、次回はもしも周りの人びとが手助けしてくれなくても、私なら誰も恨んだり呪ったりしない。ただただ自分の甘さを反省するだろう。

この件を知らない老女の子や孫が、将来スカイマークのチケットをプレゼントしてきたらどうか?

私がそのときの老女の立場だったら、以前あった逸話を披露し、
「チケットを買ってくれて本当にありがとう。でも、おばあちゃんは自分ひとりでは前も荷物を仕舞えなかったから、はじめから周りの人の好意をあてにして乗るというのは厚かましいし、なんといっても気分がよくないから乗らんよ。でも、ありがとうな」と言うだろう。

次はスカイマーク以外の会社を選ぶ。

私がスカイマークのような格安航空会社のオーナーだったら、同じようにして人件費や教育費を抑えることでさらに運賃を安くするような方向で努力するという選択肢は、あると思うし実行に移すかもしれない。長期的には業績も上がり、株価も上がる気がする。続々と国内外の格安航空会社が日本の空に舞うこのご時世。真剣に考えたい一手だ。

ただ、私が投資家で比較的短期の取引で勝負しているのだったら、まあ、この日本の過半数のアイディアは「困っている人を助けない輩はやっつける」ということになっているだろうから、そのような現状では自分の所有しているスカイマーク株は一旦「売り」だ。

スカイマークが株式会社かどうかは知らない。

関連記事:私はそうは思わない - スカイマークが「消費生活センターへ」と書いたのは失着だが
喝采!(6385)  Hello!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

Hello! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
【あおぞらクリニックのHP】
最新のうつ病治療なら旭川あおぞらクリニック
訪問診療のあおぞらクリニック


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。