So-net無料ブログ作成
検索選択

■情報商材「うつからの世界最速回復マニュアル」(菊地メソッド)
http://www.aozoraclinic.com/rfd/

johotop.jpg


■自律神経のバランスを整える方法に驚きました
うつと副交感神経の緊張との関係も、自律神経の乱れと不眠の関係も、自律神経と感情の関係も、聞いたことのない話ばかりでした。そして、私が服用中の向精神薬が自律神経を乱れさせると言うことも、衝撃的でした。
でも、一番の驚きは自律神経のバランスを改善する方法でした。あまりにも簡単で、こんなことで治るのなら、嬉しいと思いました。
ちょっと聞いただけでは、自律神経と関係のないことのように思えて、とても不思議でした。

【管理者リンク】 自律神経 薬/向精神薬が自律神経を乱れさせる

向精神薬の副作用発現率はタミフルの2倍以上

向精神薬は自律神経バランスを乱します。

内海聡著「精神科は今日も、やりたい放題」から引用して菊地一也が改訂

薬品名発売元・製造元など分類・対象疾患副作用発現率(%)
サインバルタイーライリリーSNRI(抗うつ薬)90.2
リフレックス明治製菓NaSSA(抗うつ薬)82.7
コンサータヤンセンファーマ中枢神経刺激薬(主にADHD治療薬として)80.6
スルモンチール塩野義製薬抗うつ薬77.7
ストラテラ日本イーライリリーADHD治療薬、実際はSNRI(抗うつ薬)71.9
パキシルグラクソ・スミスクラインSSRI(抗うつ薬)68.5
ジプレキサイーライリリー抗精神病薬(主に統合失調症治療薬として)65.0
セロクエルアステラス/アストラゼネカ抗精神病薬(主に統合失調症治療薬として)62.5
ルーラン大日本住友抗精神病薬(主に統合失調症治療薬として)62.2
リタリンノバルティス・ファーマ中枢神経刺激薬61.9
エビリファイ大塚製薬統合失調症治療薬60.8
ジェイゾロフトファイザーSSRI(抗うつ薬)59.6
タミフル(参考)中外製薬インフルエンザ感染症治療薬27.5


異常行動の発現が社会問題化して話題となったタミフルに比べて、いずれの向精神薬とも高い副作用発現率を記録している。
喝采!(6385)  Hello!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

Hello! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
【あおぞらクリニックのHP】
最新のうつ病治療なら旭川あおぞらクリニック
訪問診療のあおぞらクリニック


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。